トメは私の家政に口を出してくる。余計なお世話と言っても干渉は減らない。決め台詞は「あなた達のためを思って」→我慢の限界に達しようとした時、絶好のチャンスが舞い込んでくる。

Good
お気に入り